男女で違う薄毛の原因

ブラシで髪を梳かす男性

髪が生えなくなる、また抜けやすくなるという薄毛の症状は、男性と女性で原因が違うという事をご存知でしょうか。
男性の場合、AGAで薄毛が進行するケースが少なくありません。
AGAとは男性ホルモンの、ジヒドロテストステロンが関係して起こるのが特徴です。
ジヒドロテストステロンは髪の細胞を作る、毛乳頭の働きを阻害してしまいます。
ですので、髪が生えない・生えてきても細い・すぐに抜けてしまうといった薄毛の症状が現れます。
AGAでは、特に頭頂部と生え際にかけて髪が薄くなると言われています。

一方、女性の場合薄毛の原因は多岐にわたります。
例えば、妊娠・出産で女性ホルモンのバランスが変化する事でも、髪は抜けやすくなります。
もちろん、加齢により女性ホルモンの分泌が減ってしまう事も、薄毛を進行させる原因です。

この他にもパーマやカラーリングなどで、頭皮にダメージが加わる事で発毛の機能が衰えてしまう事もあります。
ポニーテールやエクステといった、髪を引っ張り続けるヘアスタイルは、薄毛の大きな原因となってしまうので女性の場合、注意しましょう。
髪を引っ張った事で起こる薄毛は、牽引性脱毛症と言われています。
牽引性脱毛症を予防するには、同じヘアスタイルを続けないという事が大切です。

若い女性ですと無理なダイエットにより、栄養不足から抜け毛が増えるケースも少なくありません。
女性の場合、男性とは違い髪全体が薄くなる傾向にあるようです。

遺伝やストレス、栄養不足など男女共に抜け毛が増える原因もあります。
自分の薄毛がどのような原因で起こっているか分からないという時は、専門のクリニックで診察してもらい、原因をはっきりさせる事で、その後の発毛ケアも行いやすくなるでしょう。

最近の投稿
ブラシで梳かしている男性

2019年8月23日

ブラシで髪を梳かす男性

男女で違う薄毛の原因

2019年7月22日

アーカイブ
人気記事一覧
1
ブラシで髪を梳かす男性

男女で違う薄毛の原因

2019年07月22日

(188 Views)

2
後ろから見るハゲの頭
正しい髪のお手入れ方法

2019年08月06日

(124 Views)

3
ブラシで梳かしている男性
男性型脱毛症とはげ

2019年08月23日

(66 Views)